病気の種類によって異なる治療法|放射線治療が必要な場合

病院

肺がん知ろう

困る

自覚できないことがある

肺腺がんとは肺がんの一種です。肺がんには大きく小細胞肺がんと非小細胞肺がんがあり、肺腺がんは非小細胞肺がんの一種になります。肺の奥の肺野と呼ばれる部分によくできる癌で、日本で一番発症人口が多い肺がんです。普通、肺がんは喫煙者に多いですが、肺腺がんは非喫煙者にも広くみられる肺がんです。肺腺がんの初期症状は、非常に他の疾患に似ています。痰が出たり咳をしたりといったことは、呼吸器系の疾患ならばほとんどで起こるため、癌であるかもしれないという危機感が持ちづらく、結果的に病院受診が遅れてしまうことが多いです。一般のレントゲン検査でも肺がんは見つかりにくい場合が多く、発見そのものが難しい疾患ともいえます。癌の予防に効果的なのは癌検診などの、本格的な癌検査です。数日かけて様々な癌の検査を行うため、一日で終わるものと比べても検査の精度が高いです。

分子標的薬を使います

肺腺がんの治療は、以前は手術や抗がん剤による化学療法がすぐに適応されていました。しかし最近では、これらの治療の前に遺伝子検査をして、癌に特有の遺伝子の変異を発見し、それに合わせた治療を行うことが多くなっています。癌に特有の遺伝子変異を基にした治療薬を、分子標的薬といいます。この薬の利点は、遺伝子変異を起こしている癌細胞のみを抗がん剤が攻撃できる点です。一般の抗がん剤は、癌細胞以外の正常な細胞も攻撃してしまうことで、様々な副作用が発症してきました。これは放射線療法などにも見られる現象で、患者の治療中、治療後の予後が悪化するという問題がありました。分子標的薬は現在も進歩しており、今後、化学療法の身体的な負担はさらに減少する可能性があります。