病気の種類によって異なる治療法|放射線治療が必要な場合

看護師

進歩が目覚しい治療法

困る

手術よりも患者に優しい

放射線治療とは、がんに放射線をあてがんを小さくしたり消滅させたりする治療法です。手術、化学療法と並んでがんの三大療法とされています。がん治療といえば外科手術がメインで放射線治療はその補助というイメージでした。しかし、近年、放射線治療の技術は大きく進歩し、腫瘍の種類によっては、外科手術と変わらない治療成績をおさめるようになっている場合もあります。放射線治療には他の治療法にないメリットがあり、がんと診断された場合には、それらを考慮して根本治療のための選択肢のひとつとして考えることも大切です。放射線治療の最大の利点は、切らずに治せるということです。そのため患者の肉体的負担は少なくてすみます。また臓器の働きや身体の外見を温存しながらの治療が可能です。頭頚部のがんなどでは、手術の場合は外見が大きく変わらずをえず、それが精神的苦痛を与えますが、放射線治療ならそれを最小限にとどめることができます。腫瘍部位を切除する方が確実性があるように思われますが、がん細胞は小さくて正確にはどこまで及んでいるか確かめることはできません。手術の方が確実性が高いとは必ずしも言えないのです。

メリットをよく考えて

二番目には、放射線照射の技術が大きく進歩したことにより、腫瘍部分にピンポイントで照射できるようになり、治療成績が向上して副作用も減っているということです。喉頭がんへの照射であれば、治療成績は手術と変わらず、なおかつ声を残すことができます。三番目には、入院の必要がないので仕事や日常生活を続けながら治療を受けることが可能です。放射線治療は複数回に分けて照射を行いますが、準備をあわせても1回10分程度で終わるため、手術や化学療法のように多大な準備や体調管理の大変さがありません。四番目には、手術や化学療法と比べて費用が安く済むということです。ただ、その一方で放射線をピンポイントで照射する必要があることから、動きの複雑な胃や大腸のがんには手術の方が向いています。がんの治療は部位によって適切な手段が異なるので、医師と相談しながら負担の少ない治療法を選択すると良いでしょう。

肺がん知ろう

困る

肺腺がんは、初期において症状が他の呼吸器疾患と類似しているため、自分が癌ではないかと疑いにくい疾患である。肺腺がんで使う分子標的薬は、癌細胞のみを攻撃できる点で優れており、患者の治療中や治療後の予後が改善している。

Read More

治療の難しいがん

フラワー

胆管がんは肝臓から十二指腸へ胆汁を流す道筋である胆管にできるがんです。初期症状はあまりなく、胆汁の排出が腫瘍によって妨げられるために起きる閉塞性黄疸の症状が出てきたころには、すでに進行していると考えられ、根治の難しいがんのひとつです。

Read More

卵巣に発生する癌

患者

子宮の左右にある卵巣に発生する癌を「卵巣がん」と言います。卵巣がんの治療法は外科手術での腫瘍の摘出と、化学療法が主体となります。癌細胞が広範囲に広がっている場合には、外科手術に抗癌剤を併用することもあります。化学療法ではシスプラチン・カルボプラチンという抗癌剤の使用が基本となります。

Read More